忍者ブログ

カレンダー

03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

フリーエリア

プロフィール

HN:
こちも/saku
HP:
性別:
非公開
趣味:
絵を描く 食玩集め
自己紹介:
趣味で描いたらくがきを公開しています。主に日記用に使っています。たまにお仕事情報。
御用の際は kochifugo☆gmail.com までお願いいたします。(☆は@に変換)
DM系には返信いたしません。

バーコード

ブログ内検索

アクセス解析

note:黒い刺客

私は今日敵を討つ。

 

私に連なる命、祖母や母を殺してきた男を討つ。

身重の体を気遣いながら、ゆっくりと男に近づく。

男の体は巨大で、頑健な皮に覆われているが

私の武器であれば一刺しで奴の命の滴を奪い取ることが出来る。

 

怖い?

いや、怖さなど感じない。

今、私から私の子へと受け継がれる命のための糧を

この男から奪い取る使命感、それだけで動いている。

 

私の体はふわりと宙を舞い、男の皮膚に鋭い刃を突き立てた。

愚鈍な男は気付かない。

 

これで私も母になれる。

命を繋ぐことが出来る。

そう思った瞬間、視界が真っ黒に染まった。

 

 

 

ぱちん!

 

「ユウタ!ばっちいから手でたたいちゃだめだって言ったでしょ」

5歳になる息子の手の中から、ぺちゃんこに

つぶれた蚊を確認してティッシュで拭き取った。

ティッシュに包んだ蚊はゴミ箱に捨てた。

 

昔はどうとも思わなかったが、最近息子の持っている虫の図鑑で

蚊について知ってから、なんだか複雑な気持ちだ。

 

蚊の雌は子を産むために人間の血液を吸う。

 

私が蚊だったら、こんな死に方どんなに悔しいだろう。

 

庭先の蚊取り線香を取り換えながら、ふと、そんなことを思った。

拍手

PR